瞑想をシステム化した日常生活

瞑想が重要な理由

ヨガを日常に組み込むことは非常に重要です。そして瞑想は、「日常生活におけるヨガ」の基本的な側面です。 AsanasとPranayamasの実践は、このシステム全体で徐々に発展しており、同じように集中と瞑想の実践も段階的に展開されています。瞑想の技法は、自己制御と自己開発を通して自己知識を得るのに役立ちます。その目標は、私たちの中で神の自己(Atma)を経験し、実現することです。そのような高貴な目標は一晩で達成することはできませんが、マスターからの自己規律を守り、一貫した練習と指導が必要です。瞑想は、「自分は何者か?」という質問から始まり、生命の最も基本的な質問に対する答えを最終的に発見するためのものです。黙想の実践では、人間は知的知識(Apara Vidya)とは大きく異なり、永遠で不変な霊的知識(Para Vidya)を得ることができます。精神的な知識は教えられません、それは自分の経験によってのみ得られます。それは、宇宙の法則、マントラの習慣、瞑想に従うとき、そしてマスターの祝福を受けるとき、実現を通じて心の中で展開します。

Atmaの知識を得るためには、すべてのレベルの意識を探求し、理解することが第一に必要です。これには、意識と無意識の心の状態を理解すること求められます。これらの意識レベルの内容は、完全に公開され浄化されなければなりません。これは、私たちが瞑想を通じて完全な意識がある時のみ起こります。瞑想することで意識への扉が開かれるのです。

瞑想の目標

瞑想の目標は最初の練習は完全な身体的および精神的な弛緩を達成することです。次に、視覚化と想像力の実践に集中する能力を高めることです。そして心は、私たち自身の意識の内容、すなわち私たちの個人的な性質、知覚、思考の習慣に問いかけるために回されます。同時に、先入観や意見から自分自身を切り離すことが重要です。この慣習を通して、完全な洞察と知識を得るためには偏った視点をとらなければなりません。したがって、従来の方法にとらわれず「よく知られたレッスン」を繰り返さず、感情にこだわらないでください。意識の深みに潜むために知性の境界を超えて挑戦してください。

瞑想で得られるもの

瞑想で気づく資質

我々は自分自身を非常によく知っていると信じていますが、深く見てみるとわからないことがたくさんあります。おそらく私たちは、思いやり、理解、愛、謙虚さ、忍耐、規律、誠実、決断、満足、喜び、深い内なる至福など、様々な資質があることに驚いているでしょう。私たちがこれらの資質をますます知るようになるにつれて、自分たちにとって霊的な発展と仲間との関係を知るのに大きなヒントとなります。しかし、多くの場合、否定的側面も表面化します。これらは私たちの霊的発達を妨げ、自己と周囲の不調和を引き起こします。正直に自分自身と向き合う。あなたは不安、貪欲、野心的、嫉妬深い、許されない、暴力的といったことに囲まれていませんか?多くの場合、私たちはそのような特性を認識しておらず、既にそれらを克服しているという意見があります。しかし、時々それらは表面化します。発芽するのを待つ種子として潜在意識の中に生きるのです。

潜在意識を意識すること

私たちの過去のカルマの痕跡は無意識の中にあります。潜在意識の中には、私たちの魂が子宮に入って以来、そこに記録され保管されている現在の生活のすべての経験と印象があります。潜在意識には、私たちが経験したものすべてが含まれています。すべての感覚が意識され、無意識的です。マイクでピックアップされたすべてのサウンドを録音するテープレコーダーのようなものです。潜在意識は、抑圧された問題、混乱した攻撃的な感情、恐怖、悲しみ、希望、そして欲望だけでなく、良いものも楽しいものもすべて記録します。それをコントロールしていくことが人間にとって重要なのです。


インドヨガ留学 Menu