リシュケシュについて

リシュケシュとは

リシュケシュとはインド北部、ウッタラカンド州にある都市です。街の中心には原流に近いためとても綺麗なガンジス川が流れています。リシュケシュはヒンズー教の聖地であり多くの寺院があります。そのためインド中からやってきたたくさんの巡礼者やサドゥー(ヒンドゥー教におけるヨガの実践者や放浪する修行者の総称)の姿が目立ちます。またリシュケシュはヨガの聖地であり発祥の地としても知られており、世界各国から多くの修行者や観光客がヨガを習うためにここにやってきます。また外国人も滞在できるアシュラムもありヨガや自然豊かなリシュケシュならではのアクティビティを楽しみながらゆっくりと時を過ごすことができます。

リシュケシュまでのアクセス

リシュケシュは山間地にあるため空路で行く手段はなく、陸路でしか行くことができません。陸路からのリシュケシュへ行く方法としてはバス、電車、タクシーと3つの方法があります。
バスは1時間に1本出ているISBT(Inter State Bus Terminus)というローカルバスを使う方法とローカルバスと比較すると快適なエアコンバス、水、クッション付きのボルボバス(観光客用)を使う方法があります。ボルボバスは21時、23時の2本出ています。タクシーは一番、楽に行ける手段です。インディガランディー空港からおよそ4時間でシェアすると安くなるので同じ行き先の人を見つけると良いでしょう。電車はインドの列車に乗るのは体力的にもタイトでかつバスの乗り換えもあるのでこのなかで1番ハードと思われます。デリーから列車に乗り、そこからバスになります。電車の本数が少ないのでご注意ください。

リシュケシュの環境

リシュケシュの中心にはガンジス川が流れています。ガンジス川といえば近くで死体を流していたり、なんでも流しているようなイメージがありますが、それはバラナシという街でありリシュケシュのガンジス川は原流の近くにあってただただ綺麗なガンジス川が緩やかと流れています。街もインドとは思えないほど静かでクラクションの音もほとんどなく、ゆっくりと時が流れているような印象をうけます。街には外国人観光客が多く、彼らもただ純粋にヨガを楽しみに訪れているのでとても穏やかで親しみやすい人たちばかりです。リシュケシュは住民や観光客は基本的に穏やかな人が多いので治安も良く安心して滞在できる観光地です。

ヨガの聖地リシュケシュ

ヨガ発祥の地リシュケシュ

リシュケシュはヨガの聖地として有名でありまた発祥の地でもあります。多くの外国人がヨガを習うためここへ訪れます。また今までに数多くの著名人がここへやってきたことでも有名であり、例えば1960年代、ビートルズもここリシュケシュでヨガ修行をした経験があります。他にはスティーブジョブズもここでヨガをしていたりと、このように多くの分野のプロフェッショナルたちがここリシュケシュで精神を統一させ、より一層自分を磨くことを努めました。ヨガが大好きな人はもちろん、そうでない人でさえもここヨガ発祥の地リシュケシュに何か惹かれるものを感じ訪れる人も少なくはないのです。

リシュケシュに集まるアシュラムとは

アシュラムとは「精神的な修行をする場所」という意味があります。ヨガに限らずインドには多くのアシュラムがありますが、そのほとんどの場合は外国人が滞在することができないようです。その点、リシュケシュは古くからヨガの聖地として知られ世界各国から修行者が集まることから外国人が滞在することができるアシュラムも増えています。アシュラムに滞在する目的とは、ヨガの教えに基づいた生活を送ることにあります。同じ目的を持つ人たちが集まることで、その場所のエネルギーが浄化され、より効果的に自己を見つめられると考えられています。こうした外国人も滞在できるアシュラムがあるのもこのリシュケシュの魅力の一つです。

アシュラムでの生活

アシュラムに滞在することで、何かができるようになるとか、目に見えた効果はありませんが、テレビもインターネットもない環境の中で、自分自身と向き合う時間をとることができ、忙しい毎日の生活の中では見過ごしてしまうような何かを、拾い集める作業になることでしょう。新しい自分が発見されることで、今までの何気ない毎日の中に、違った風景が見えてくるかもしれません。「精神的な修行をする場所」と前述しましたが、かといってそれほどストイックな場所ではなく滞在するアシュラムにもよりますが基本的にはホットシャワーと朝昼晩、食事付きのアシュラムもあるようです。ちなみに食事はどのアシュラムもすべてベジタリアン料理となります。

リシュケシュで生活をする

充実したアクティビティ

リシュケシュはヨガでもしながらゆっくりする場所といったようなイメージがありがちですが、アクティビティも盛んな街でもあります。広大な自然を活かしたトレッキングやバンジージャンプ。また緩やかと流れる雄大なガンジス川でのラフティングもとても人気のあるアクティビティです。またバイクをレンタルして山奥に行ってみるというのも良いと思います。手続きはアクティビティを予約できる場所が街中に点在しており、そこで予約をしてからのアクティビティという流れになります。ここで注意してほしいのは店によってはパスポートの提出が必要な場合もありますのでパスポートは持っておくに越したことはないでしょう。

豊富な欧米風レストラン

リシュケシュでは前述したとおり外国人観光客が多いため欧米風レストランが充実しています。そのため北インドのスパイシーな料理やオイリーな料理が苦手という方でも食の問題では心配する必要はなく心置きなくヨガやアクティビティを楽しむことができます。ここではビートルズが来たという所縁から「ビートルズカフェ」というレストランがあります。ビートルズのレコードやレプリカのギターなどが店内には飾られていて静かな雰囲気のなかテラスからのガンジス川を眺めながらしっとりと流れるビートルズの名曲を聴くことができ、ビートルズファンの人からもそうでない人からも絶大な人気を誇っていて、リシュケシュに行くからにはこのカフェを訪れることをおすすめします。

留学相談はこちら!