リシュケシュで行われている1週間インドヨガ修行に参加してきたのでその体験談を書いていきたいと思います。私は20代女性でヨガは週に2-3回近所のヨガスタジオにかよってインストラクターをつけて行っています。インドヨガを実際に体験した感想や参加した前後での変化についてまとめていきますので、インドヨガに興味のある方の参考になれば幸いです。

趣味のヨガで修行する

ヨガは社会人5年目になった時からお仕事終わりやお休みの日にスタジオへ通ってやっていました。大学からの友人と趣味程度にやっていただけなので、インストラクターの方を見よう見まねで真似るのに満足していました。体の調子が良いことに気付いたのはヨガを始めてから3ヶ月が経った頃でしょうか。最初は半信半疑だったヨガの効果も、ヨガスタジオに行く回数を増やす内に確信に変わりました。ヨガの効果を実感するようになってから、ヨガをもっと知りたいと思うようになりヨガインストラクターについても調べるようになっていきました。

インドヨガ修行

本場のインドヨガへ

ヨガにハマり始め、インターネットを中心に色々と調べている内にヨガのルーツはインドにあることを知りました。これが私がインドヨガ修行をするきっかけです。日本はまだまだヨガに対して歴史が浅くポージングが中心であること、インド由来のヨガ理論も沢山あることを知り、会社の長期休みを有給と無理やりくっつけてインドへヨガ修行に行くことを決意したのです。

インドへの渡航準備は難しくありませんでした。航空券とビザさえ取ってしまえばあとは申し込んだコースに行くだけ。ヨガマットはアシュラムで貸し出しているし、生活に必要なものは大体リシュケシュで揃うというので、持って行ったものは着替えの下着や服くらいでした。スーツケース1つで十分。空港までは日本人スタッフの方が迎えに来てくれましたし、渡航前に周囲の人から心配されたトラブルもこれと言ってありませんでした。インドヨガ修行の後はデリー観光もできましたし、ヨガだけでなくインドの中心も見れたことでインド文化にも触れることが出来たと思います。インドに行ったことがない人はヨガだけでなくインドの色々な場所に行ってみると刺激的な発見が多くて面白いですよ。
全体スケジュール

1ヶ月前航空券取得
修行3日前デリー到着
アライバルビザ取得
日本人スタッフと合流
デリー近くの寮へ移動
修行1日前リシュケシュへ移動
修行開始7日間のインドヨガ修行
修行終了デリーへ移動、観光

ヨガ修行の地はインド北部にあるリシュケシュという都市でした。デリーから車で7時間ほど走り、首都の賑やかさや喧騒とはかけ離れた山間部にリシュケシュの街に着きました。私は初めてのインドでしたが、リシュケシュはとても穏やかでマイナスイオンに溢れた場所でした。街全体に漂う独特な幻想的な雰囲気はインドヨガにどっぷり浸かる1週間に胸が高まります。

インドヨガ修行

インドヨガ修行中の生活

いよいよインドヨガ修行開始。参加者の国籍はほとんどが欧米系の方で、海外でヨガをやっているという感じがしてとてもワクワクしました。

■参加者の国籍
ヨーロッパ 80%
北米 10%
東南アジア 9%
東アジア 1%

ちなみに私は英語がペラペラに話せるわけではありません。人生で数回行った海外旅行もボディランゲージと片言の英語をなんとか組み合わせてコミュニケーションを取っていた程です。日本語通訳をつけることも出来たのですが、せっかくのインドで周りも外国人の方ばかり、普段できない交流をしようと通訳なしで頑張ることを決めました。仲良くなったドイツ人の方とは、休憩時間はお互いの国のことを紹介し合ったりしていました。100%理解できたわけではないですが、お互いヨガが好きでインドに来ていることに運命を感じ通じ合うものがあったと思います。

ヨガ修行は早朝の瞑想から始まり、アクティブに体を動かす機会が多かったように思います。1日2回行われるポージングの時間で絞れるほどの汗をかき、規則正しく食事を摂るというルーティーンによって体に劇的な変化が起こりました。激しいヨガの運動によってお腹が減り、食事は決まった時間に出てくるので、食欲が抑えられずよだれが止まらないのです。そのせいもあってかアシュラム出る食事はとても美味しく感じ、その味は今でも忘れられません。

日本でも定期的にヨガスタジオに通っていたため、ポージングには自信がありましたが動き音一つ一つが想像以上にキツく最初の2日は筋肉痛になりました。気温28度、湿度30%という最高に過ごしやすい気候でしたがポージングの時間は汗が吹き出すように出てきて体内の悪いものが全て出ていく感覚でした。

インドヨガ修行中のアーサナのレッスンは、アシュタンガヨガとハタヨガを行いました。ハタヨガはインドのアシュラムで殆どのところが取り入れているようで、力強いヨガのポージングで普段使わない筋肉を動かすので慣れるまでに時間がかかりましたが、自分のペースで進めることができたので無理なく楽しめました。アシュタンガヨガは視線の動きまで全て決められているヨガのスタイルで日本でやったことがなかったので新鮮でした。

インドヨガ修行

まとめ

今回のインドヨガ修行は私にとって大きな転換点になると思っています。これまで趣味程度でやっていたヨガでしたがインドヨガ修行を経て体験した体の変化を多くの人に知ってもらいたい、インドヨガの奥深さを自分自身もっと学びたいと思いヨガインストラクター資格にも挑戦するつもりです。インドの山奥で味わったあの感動は、今でも私の体に残っています。

Share
留学相談はこちら!