私は日本で会社員として働いていましたが、昨年、大病を患い入院することになりました。それまでがむしゃらに働き体のことを考えずにひたすら走ってきましたが、自分の体が自分のものではなくなったようになった時は大変ショックを受けました。そしてそれをきっかけに私は健康を強く意識することになったのです。本記事では私は病気の後に出会ったインドヨガについて、また、インド発祥の地リシュケシュでの1週間ヨガ生活について書いています。

ヨガのきっかけは入院

病院

昨年12月、私はある生活習慣病にかかってしまい入院を余儀なくされました。20代前半からバリバリ働き、好きなものを食べ、お酒とタバコの量も減らすことなく会社員生活を送っていました。そんな生活を続け30代間近になった頃、体に異変が起こり始め気がついたときには病院のベッドに横になっていました。私が入院した病院ではリハビリにヨガを導入しており、退院までの数週間は朝晩のヨガが習慣になりました。

無理なくできるヨガ

それまで運動はほとんどしてこなかったのですが、ヨガは体が弱っていた私でも毎日続けることができました。むしろ、朝と夕方のヨガが習慣化されると毎日ヨガをやらないと何か違和感を感じるようにさえなりました。精神的にもリラックスできるヨガは、長年の仕事の疲れを癒やす最高の方法だったのです。そして入院後もヨガのことをもっと知りたい、病気になる前の自分から変わりたいと思うようになったのです。

インドヨガ修行を選んだのは

インドヨガ修行

本場のヨガを学びたかった

私が1週間インドヨガ修行に申し込んだ理由の一つは、本格的にヨガを学びたい、そのためにまずヨガのルーツを知りたいと思ったことがきっかけでした。インドはヨガ発祥の国であり、その中でもリシュケシュはヨガの本場とされる場所です。ヨガ誕生の地でヨガ生活にどっぷり浸かることでより深くヨガを理解できると考え、申し込みを決意しました。

インドの中でも安全なリシュケシュ

2つ目の理由はリシュケシュが非常に安全だということです。渡航前にインドやリシュケシュについて情報を集めているとリシュケシュはインドの中でもリシュケシュの気候は穏やかで過ごしやすい地域だとわかりました。実際にリシュケシュで過ごした1週間では危険な目に遭遇したことも、そうなる予感も全くありませんでした。現地の方も気さくで困ったことがあれば助けてくれる親切な方ばかりだったという印象をもっています。1週間滞在してヨガが根付いている環境で過ごすことで、ヨガが持つ効果を肌で感じることが出来たと思います。リシュケシュは日本帰国後もまた行きたいと思える素敵な場所でした。

アシュラムでの生活を体験したかった

3つ目はヨガだけを考えるアシュラムでの生活を実際に体験したかったからです。入院していた頃は味気のない病院食を食べる生活をしていました。ヨガのポーズや概念だけでなく、ヨガ中心の生活がどのようなものか知るためにインドで、リシュケシュで、そしてアシュラムで生活する必要があったのです。

インドヨガ修行の効果

1週間インドヨガ修行

瞑想は人生の視野を広げる

日本でも瞑想をしていましたが、今回の1週間インドヨガでは自然に囲まれた、言い換えれば山とガンジス川に隔離されている環境での生活でした。その中で瞑想していると頭の中がスッキリして心も浄化されていくのがわかりました。これまで振り返らず仕事だけを頑張ってきた自分の人生を振り返る、そして今後の人生を考える良いきっかけになりました。

健康的な生活習慣

1週間インドヨガ生活では3食のベジタリアンフードを食べ、規則正しい生活を送っていました。たったの1週間でしたが生活習慣が大きく変わり、1日1日自分の体が変化しているのを実感することが出来ました。日本に帰国後も環境は違えど、この期間での経験を忘れずに健康的な生活を送っています。

まとめ

病気がきっかけでヨガを始め、ヨガを深く理解するためにインドにきた今回の1週間インドヨガ修行。私はまだ20代ですが、今後の人生を大きく変えるきっかけを与えてくれるきっかけとなった期間でした。1週間インドヨガ修行はちょっとした休暇やインド観光を兼ねた目的でもおすすめなので、インドに、またはヨガに興味がある方は是非リシュケシュを訪れてみてください。きっと生活を豊かにするヒントが見つかると思います。

留学相談はこちら!