チャクラ

チャクラとは

ヨガを少し学ぶと出てくる言葉の一つ「チャクラ」。さて、何のことなのでしょうか?ざっくり言うと、身体のエネルギーを司る中枢の様なものです。サンスクリット語で直訳すると「車輪」や「回る」といった意味があり、身体の中心線上に存在しています。人間には7つのチャクラがあり、このエネルギーの流れは健康に影響を与えると言われています。エネルギーの流れが悪くなると、エネルギーレベル・肉体・精神・感情面で悪影響を与えるので、それぞれをバランスよく活性化させることが大切です。また、チャクラの話と関連して良く登場するのが「オーラ」です。オーラとは、波動エネルギーのことで人や動物、鉱物などにもあるとされており、その人や物の状態を映し出しています。健康な状態ではすべてのチャクラのバランスが整っているので、そのチャクラから発するオーラ自体もきれいなものになっていますが、病気など身体と心が健康でない場合にはチャクラのバランスが失われて、オーラも暗くなってしまいます。

チャクラの種類

チャクラは第1〜7まであり、それぞれが独特の色や効果を持っています。各部位の健康状態に大きく影響を与えるので、その時の病気の症状によってどこのチャクラのエネルギーが滞っているのか分かります。下の表にまとめましたのでご覧ください。

名称チャクラの色場所活性化の効用
1.ムーラダーラ仙骨の末端ヘルニア、痔、便秘等の改善
2.スワディスターナチャクラオレンジ仙骨部腰痛の改善、プライド・エゴからの乖離
3.マニプラチャクラ黄色おへその上消化不良の改善、自己意識の向上
4.アナハタチャクラ風邪、貧血、喘息、心臓病の改善
5.ヴィシュダチャクラ喉元喉、甲状腺の改善
6.アジュナチャクラ藍色眉間意思が強くなる、感覚が鋭くなる
7.サハスラーラチャクラ紫、白頭頂部感情のコントロール、健康、洞察力

チャクラの役割

これまでにチャクラが7つあることをご紹介しました。このチャクラにはそれぞれの役割が存在します。チャクラは、体内では気を通じて、対応する身体の各組織・器官の機能を高めたり、正常に保つはたらきをしています。一般的にエネルギーは頭頂部にある第7のチャクラから体内に流れ込み、脊髄や神経節に沿うように下へ向かって流れていきます。そしてチャクラに分配されていきます。チャクラに辿りつくとエネルギーは生理学的な情報へと変換され、内分泌腺、臓器、神経系に影響を与えます。内分泌腺では、それぞれのチャクラと結びついている内分泌腺に作用し、「ホルモン」の生成を促進させます。しかし、チャクラのエネルギーの流れが良くない場合には対応する内分泌系の機能が低下すると考えられます。また、チャクラが内分泌系に働きかけると、ホルモンを通じて神経系や脳にも作用し、気分や行動といった心理状態にも変化を与えるとされます。神経と臓器については、チャクラのある位置と付近の臓器が密接に関係しています。このエネルギーに支障をきたすと、それらに関わる不調が発生します。なので、チャクラを通してエネルギーを取り入れることは、生命維持においてとても重要だと考えられているのです。
チャクラ

チャクラを開く方法

ヨガでチャクラを開く

チャクラを開くには様々な方法があり、特定のチャクラ、またはすべてのチャクラが活性化されて開きます。ヨガもその方法の1つです。チャクラを活性化させてくれる初心者でも取り組みやすいヨガのポーズをご紹介します。
large3

まず、四つんばいの姿勢になり、脚を腰幅、手を肩幅に広げ、腕と太ももを床に対して垂直に保ちます。おのおのの指先の位置に手首が来るように、両手を少し前に移動し、両方のつま先を立てる。息を吐きながら膝を床から持ち上げ、腰を十分に伸ばしながら身体で三角形を作ります。腰を気持ちよく伸ばしたまま、両肘をロックしないように注意しながら、余裕があれば両脇をしっかりと伸ばし、さらに余裕があれば両ひざを伸ばし、踵を床に沈めます。おしりを斜め上に突き出すようにし、そこから腰を気持ちよく伸ばして手にもたれかかるような感覚を作る。この姿勢で首や肩の力を抜き、5呼吸ほどリラックスします。出来るだけ長くポーズを維持しするように心がけてください。チャクラカラーをイメージしながらするとより効果を得られると言われています。

瞑想

瞑想はご自身のチャクラバランスを整えることが出来る簡単な方法でもあります。チャクラバランスを整えるには、チャクラ同士をつなぐエネルギーラインの”つまり”を解消する事が大切です。エネルギーラインがつまる理由は様々ですが、瞑想を行いクリアにしていく過程で、その原因が映像として思い浮かぶことがあります。そこで思い出されたものは、今のあなたには必要のないものですので、それがどのようなものであれ手放すように意図してみると良いでしょう。はじめに、自分の頭の50センチから1メートル上に、白く輝く光の柱をイメージします。次に息を吸い込みながら、この光の柱がクラウンチャクラ(頭部のチャクラ)まで引き寄せる。息を吸い込みながら、この光がクラウンチャクラを通過して第三の目のチャクラを通り、首の後ろの背骨から通り、その光がスロートチャクラからハートチャクラへ、そしてソーラープレクサスチャクラ、セイクラルチャクラ、最後にルートチャクラと、徐々に下がり、各チャクラを巡るようイメージします。この一連の動作は、呼吸に合わせながらゆっくりと行うようにしてみてください。どのような抵抗や違和感であれ、何か不調和を感じた時には一旦休止をして、動作を再開できる準備が整うまで待ちます。リラックスをして、自分のブロックが何かを感じてみましょう。これを行うことで、チャクラバランスがよくなりますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

生活習慣

日常の生活の中でも比較的簡単にチャクラを開く方法があります。例えば、自然が豊かな場所やパワースポットと呼ばれるような場所に行くと、土地のエネルギーによって第1チャクラが活性化します。世界でも有数のエネルギースポットとして有名なのが「分杭峠」です。伊勢神宮などもパワースポットとして知られており、多くの人が訪れます。第2~第3チャクラを開くには、癒しとなる動植物と触れ合うことが効果的です。可愛がったりすることで、自分の発する気と対象のもつ波動が増幅して、チャクラが刺激されます。また、音楽をはじめ生の芸術にふれたり、感動すると、第6チャクラが刺激されます。その他にも、チャクラは特定の振動数の波動をもっていて、同じ振動数の波動と共鳴するので、共鳴する強い波動をもつパワーストーンなどを持つことでチャクラが開きます。

チャクラを整える効果

アシュタンガヨガ
チャクラを整えることで、心と身体の各部のバランスを調整し、内臓や筋肉、骨格、皮膚、内分泌など、身体のあらゆる組織・器官のはたらきを細胞のレベルから活発になります。病気に対する抵抗力や自己回復力を高め、痛みを和らげるなどの効果もあります。疲労を回復を促進するなど身体的に大きく影響を与えます。また、心理的な効果としては、心が穏やかになり、ストレスが軽減されます。また、ひらめきや創造性、全体をつかむ力など、脳のはたらきが向上します。その他にも、霊性や超能力と言われるような第6感的な超感覚も鋭くなるため、多くのスピリチュアリストもチャクラを整えるためにヨガをしていたりします。

チャクラ本3選

7つのチャクラ 魂を生きる階段

人の気から病気を読み取る直感医療の第1人者として知られているキャロライン・メイスが書いた本書。病は気から。とも言いますが、病気を作り出すのも、それを治すが出来るのも自分であるということを徹底して解説している本です。また、この本は人間が持つ7つのチャクラがどのような病気や、その病気を発症するに至る思考のパターンについて説明してくれています。

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

ゴーイング・ウイズィン―チャクラと瞑想

アメリカの有名女優のシャーリー・マクレーンの精神世界へのあくなき探求から生まれた本書。チャクラとは何か、色との関係やチャクラの使い方を解説してくれています。また、さまざまな瞑想の方法も紹介されており実戦ガイドとして保存しておきたい一冊になっています。

41gbqf8nxkl-_sx341_bo1204203200_

トゥルー・バランス

7つのチャクラの1つ1つが詳しく具体的に解説されており、初心者でも自分のどのチャクラのバランスが崩れているのか理解出来るようになります。また、著者が自分と家族の例を織り交ぜて綴られているためとても分かりやすい本になっています。

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-1
_______

留学相談はこちら!