多くのハリウッドセレブ達もトレーニングに取り入れているのがピラティスです。ピラティスはヨガの技法を取り入れているため、似ているところがありますが、本質は全く違います。

本記事ではピラティスとヨガを比較し、ピラティスのメリット・デメリットを紹介します。

ヨガとは

ヨガ 特徴

スピリチュアルで精神面を重視するヨガ

ヨガとピラティスどちらも多くの種類があり、その上最近ではヨガとピラティスを融合したヨギラティスなどというものも出てきており区別することが難しくなってきていますが、強いて言うなら大きな違いはピラティスは肉体面を重視しており、ヨガは精神面を重視しているという点です。

ヨガの歴史は古く4500年前に発祥し、今では健康法として認知されていますが元々は内面性が根幹にある修行方法であり、また治療方法です。ピラティスにおいても精神面での効果が見受けられますが、種類は全く異なります。ピラティスは運動後のリフレッシュ感といったようなものであるのに対し、ヨガはストレッチ後のリラックスを感じます。

またゴールも大きく異なり、ピラティスは健康的な身体づくりを目標にしていますが、ヨガは内面的な「自己をコントロールする」ことや「自分を客観視する」といったことを目標にしています。

ヨガのポーズ

ピラティスとのポーズの違いは呼吸とストレッチに重点を置いて筋肉を鍛え上げていくという点です。呼吸は腹式呼吸によって副交感神経を活性化させてリラックス効果を得ます。またポーズを行ったあとそのまま、ある一定の時間静止するのも特徴です。身体と心に調和を図り精神的にリラックスすることに重点を置いた安定したポーズが多いです。

こんな方におすすめ

ヨガはピラティスほど運動量がないのでお年寄りの方やお子様、または病気などの理由で激しい運動ができない方にオススメです。エクササイズというよりはストレッチに近いので朝の出勤前やお風呂上がりなどに汗をかかない程度にすることができます。身体面と精神面のリラックスのバランスがピラティスに比べると非常に良いのと、器具など必要なものはなく自分のペースで気軽にできるのも良い点です。

ピラティスとは

ピラティス 特徴

肉体面を重視するピラティス

現在、多数の人たちがピラティスをしている姿が見受けられピラティスムーブメントが到来したといっても過言ではないほどです。ピラティスはヨガの影響を多大に受けてつくられたものですので多数の類似点が見受けられますが、多くの点で力点を置くポイントが違っています。

前述したように最大の違いはピラティスは肉体面を重視したエクササイズだということ。ピラティスは元々は戦争のリハビリとして生まれ、練り上げられてきたトレーニングで戦時中に大幅に発展した解剖学を用いたインナーマッスルのトレーニングエクササイズです。ヨガはストレッチを中心とするものであるのに対してピラティスはヨガのストレッチ効果とウェイトトレーニングの筋肉の緊張をもたらすものであると言えます。ストレッチ+きれいな身体をつくり、スポーツパフォーマンスを高めるしなやかな筋肉を作り上げるのがピラティスです。

ピラティスのポーズ

ピラティスは正しい骨格を意識し、体幹を整えていきます。ヨガの呼吸との違いはピラティスは胸式呼吸により筋肉を活性化させます。また常に身体を動かし身体の奥の筋肉から鍛えるインナーマッスルをつけることに重点を置いています。ポーズに名称はなく、基本姿勢を学んだあとそれを軸に動いていきます。

こんな方におすすめ

ピラティスは海外のハリウッド女優や多くのプロのスポーツ選手が行っていることからも分かるように、きれいな身体をつくりたい、筋力をつけたいといったようなアスリートやダイエット目的の方、美意識が高い方にはとても良いエクササイズです。またジムに通ったり、トレーニング機材を必要とする場合もあるので、エクササイズに積極的な方におすすめします。

ヨガとピラティス比較まとめ

ピラティスはヨガから影響を受けたとはいえ多くの異なる点がありました。主に大きな相違点としては、ピラティスはリハビリとして生まれたトレーニング法でヨガは4500年前からある伝統的な修行法でストレッチに近いものだということです。どちらにしようか悩んでいる人はこの記事を参考にしていただいて、自分がどういう動機でどういう目標を持っているかを考え適当な方を選んでいただければ良いと思います。


インドヨガ留学 Menu