普段から身体を動かす機会が多かった人ほど、妊娠中の運動不足にストレスを感じる人が多いようです。そんな妊婦の方にオススメなのがマタニティヨガです。マタニティヨガは運動しながらママ友との交流を楽しむだけでなく、ヨガの呼吸法によるリラックス効果、体重増加、お産を楽にするなどといった効果があります。しかし、妊娠中に行うデリケートなヨガということもあり、マタニティヨガをやる際には注意することが何点かあります。

今回はマタニティヨガの効果と注意点を中心に紹介していきます。

マタニティヨガとは

マタニティヨガとは、安定期に入った妊娠16週目以降の妊婦さんを対象とした、スムーズに出産を迎えるためのヨガです。妊娠後期になると体重とともに増えてくる腰への負担、妊娠中のストレスを和らげる効果があります。自宅でもマタニティヨガは出来ますが、スタジオや病院など、誰かと一緒にやった方が何かあったときに安心です。

マタニティヨガ

マタニティヨガの効果

出産に向けた心の準備が出来る

マタニティヨガには瞑想が取り入れられているため、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しむことが出来ます。また、ヨガをやっている間は、赤ちゃんとだけ向き合うことが出来るので、「本当に出産するんだ。」といった実感が湧いてきます。その後の育児をする準備も整うのではないでしょうか。

妊娠後期は出産が現実味を帯びてくる不安から、マイナス思考になりがちですが、マタニティヨガを通してプラス思考に変える事ができます。

ヨガのリラックス効果でストレスが解消される

妊娠中は不安、体重の増加よる腰痛、運動不足などの理由から、ストレスが溜まりやすくなっていますが、ヨガの深い呼吸法を取り入れることで、リラックスすることができます。深い呼吸法を意識することは妊婦の方のリラックス効果だけはありません。全身に血が巡ることによって赤ちゃんも暖かいと感じてリラックスする効果もあります。

ヨガの呼吸法の効果については次の記事を参考にしてください。

参考記事
ヨガの呼吸法の重要性と驚きの効果

お産がスムーズになる

骨盤が歪んでいる状態のままだと、早産や難産になってしまうリスクが高まります。マタニティヨガでは下半身の骨盤を元の形に整えるポーズを重点的に行うため、お産がスムーズになります。またヨガをやっていく中で当然、柔軟性が増してくるので、お産時に足が大きく開きます。

さらにマタニティヨガは、陣痛時に有効な「ヒッヒッフー」というラマーズ法という呼吸法も取り入れているので、陣痛が来ても焦らずに対処することが出来るようになります。

妊婦さん

体重管理をサポートできる

妊娠後期になると、身体を動かしにくくなるため運動が面倒になってしまう人が多いです。しかし運動をしなければ体重も増えてしまいます。そこでマタニティヨガをすることによって過剰な食欲を抑え、また運動不足も解消することが出来るため、体重が増えづらくなります。さらに、ヨガをすることで基礎代謝が上がるため、産後に元の体系に戻しやすくなると言われています。

ヨガの中でもダイエット効果が大きいと言われているシバナンダヨガについては、次の記事を参考にして下さい。

参考記事
シバナンダヨガが美容とダイエットに効果抜群な理由

妊娠中の不快感が和らぐ 

ヨガの体をほぐす効果によって、便秘、腰痛、全身のむくみなどの不快症状を緩和させることができます。

ママ友の輪が広がる

同じくマタニティヨガをしているママ達と友達になれます。ママ友がいると、出産に向けたアドバイスをもらえたり、妊娠中の不満・不安を吐きやすいですよね。

マタニティヨガの注意点

妊娠中というとてもデリケートな時期に行うマタニティヨガには、注意しなければいけないこともあります。

マタニティヨガは安定期に入ってからやる

マタニティヨガは妊娠16週目の安定期に入ってから行うようにしてください。妊娠が分かると、焦って早く心と体の準備を整えなきゃと思う気持ちも分かりますが、妊娠初期に身体を動かすと流産のリスクが高まってしまいます。妊娠初期は、雑誌やインターネットなどでマタニティヨガの情報を集めるようにして、医師からの許可をもらってからマタニティヨガをするようにしましょう。

あまり頑張りすぎない

周りの妊婦さんもやっているからといって、頑張りすぎることはやめましょう。頑張ることは体と心の両方の負担になってしまいます。マタニティヨガは週に2,3回でも十分に効果を得ることが出来ます。また、お腹が張ってきたら休むようにしましょう。

マタニティヨガはあくまで赤ちゃんのためにやるヨガですので、その赤ちゃんに負担がかかってしまってはいけませんよね。

妊婦さん

まとめ

マタニティヨガには、妊娠中に不安定になる心と、歪んでくる体の両方を改善する効果があります。しかし、他のヨガと同じで頑張りすぎないことが大切です。頑張りすぎてストレスを貯めてしまったり赤ちゃんに負担がかかってしまっては元も子もありませんからね。マタニティヨガをやろうと思っている方は始める時期と無理をしすぎないことなどに注意して質の高いマタニティヨガライフを送って下さい。

留学相談はこちら!