インドの首都ニューデリーから車で8時間ほど北に走った先にある、ガンジス川上流に沿ってある小さな町が「リシュケシ」です。壮大なヒマラヤ山脈のふもとに位置するリシュケシはインドの騒々しい雰囲気とはかけ離れた落ち着きのある静かな街です。インドの中でも人気の観光地のひとつで、日常を離れて心を休めるために、世界中から旅行客が集まります。今回はそんなリシュケシについて紹介します。

リシュケシとは?

リシュケシは日本の軽井沢

ガンジス川の上流に面するリシュケシはインドを旅行する街の中で、多くの人がおすすめする観光地のひとつです。また、世界的に有名なヨガの聖地としても知られており、インド人、外国人問わず、多くの人が心を安めにやってきます。1960年代には、ビートルズもこの地を訪れ、瞑想して多くの曲を作り出したといわれています。

リシュケシはヒンドゥー教の聖地

リシュケシはヒンドゥー教の聖地として、寺院や道場アシュラムなどの宗教施設がたくさんあります。街の北側にある街の北側にあるラクシュマン・ジューラー橋の東岸に13階建のシュリ・トラヤンバクシュワール寺院があります。最上階まで登るとリシュケシの街やガンジス川の源流を眺めることができ、その眺めは絶景です。そのため、旅行客の人気スポットのひとつになっています。

世界的に有名なヨガ発祥の地

リシュケシはヨガの聖地、ヨガの発祥の地として有名です。ヨガ好きの旅行客だけでなく、初心者であっても、リシュケシを訪れ、精神を統一し、己に磨きをかけます。リシュケシにはヨガ道場アシュラムが数多く点在しており、本場のヨガ体験がお勧めです。ヨガレッスンはレベルに合わせて受けることができ、初心者でも安心のコースから上級者むけの本格的なコースまで選べます。予約などをしなくても、飛び込みでヨガのレッスンに参加できる道場もたくさんあります。

私も実際にリシュケシに旅行してきましたので、その様子を紹介します。

リシュケシに小旅行してきた

2017年5月上旬、インドは日本の6月下旬くらい暖かくなっていました。私はインド人の友達、日本人の友達10人くらいで、ニューデリーから車で30分ほど南のグルガオンからマイクロバスをレンタルして、リシュケシに向かいました。夜の22時ごろに出発して、翌朝7時くらいには着くだろうという予想でした。夜中は寝て、起きたらリシュケシについてればいいなと思っていましたが、車の中ではビールを飲みながら、音楽に乗って、修学旅行のバスのようにはしゃいでいたのと、ガタガタの道路で上下にシェイクしていたので全く眠れませんでした。(笑) そのうえ、途中でマイクロバスのブレーキが故障し、修理業者を2時間待って、やっと直って再出発!途中、朝ごはんや昼ごはんを挟んで、やっと今晩宿泊する宿(キャンプ場)に到着したときは15時でした。笑 
ヨガ留学リシュケシュ1

デリーからリシュケシまでは途中のハリドワールまで列車で行き、そこから乗り継ぎの列車に乗る、もしくは、バスやタクシーで行くことを強くお勧めします!

リシュケシでのアクティビティ

リシュケシの街に入って、宿にたどり着くまでに、20分ほどガンジス川沿いを走りました。川を見下ろすと、ラフティングをする旅行客でいっぱいでした。リシュケシはヨガの聖地、ヒンドゥー教の聖地として知られているだけでなく、暖かくなると、ラフティング、カヤック&ボート、バンジージャンプ、バイクをレンタルしてツーリング、ハイキング&キャンピングツアーなどのアクティビティもかなり充実しています。

私達も、午前中には宿に到着した後、午後からハイキングを行う予定でしたが、予想以上に到着時間が遅くなってしまったので、リシュケシの街中を観光することにしました。また、今回はグループでの旅行だったので、残念ながらヨガの体験をすることはできませんでした。

次の日にラフティングをやりました。ラフティングは日本でもできますが、インドのラフティングは一味違います。ボートから川へ飛び込むのは当たり前で、他の旅行客のボートをひっくり返したり、自分のボートに置いて行かれたのか、浮遊しているほかのボートの人が途中から自分のボートの船員になたったり。私も激流の中で勢いのあまりにボートから投げ出されたときは死ぬかもと思いました。笑

ヨガ留学リシュケシュ2

リシュケシの街とは

街中を歩いていると、インド中からやってきたたくさんの巡礼者やサドュー(修行者)の姿が目立ちます。そして、ヨーロッパやアメリカからも多くのヨギーが集まるこの街では、カフェ文化が発展していて、おしゃれなカフェがたくさんありました。また、観光客もたくさん集まるため、お土産屋さんもたくさんありました。

やはりヨガの街だった

とはいっても、やっぱり街中にはさまざまなヨガ道場アシュラムや寺院、ヨガスクールのチラシがあり、やはりヨガの街だなと実感しました。また、ヨガ好きが集まる街であり、ヒンドゥー教の聖地であることから、街全体がベジタリアンであり、スーパーにもオーガニックな商品が並んでいて、健康に良さそうなものが並んでいました。

まとめ

今回はヨガの聖地、ヒンドゥー教の聖地として旅行客に人気のリシュケシュについて紹介しました。リシュケシュはヨガだけでなく、カフェやアクティビティも充実しています。街全体がベジタリアンなので、ヨガをしながら、食事も健康的に生活できます。みなさんも日常の忙しい生活から離れて、穏やかな雰囲気、ガンジス川に心癒されるリシュケシュで自分のスタイルにあったヨガコースを見つけ、一緒に自分に磨きをかけてみませんか。

留学相談はこちら!