ヨガとストレッチの違い

ヨガの効果

ヨガには心身に様々な効果があると言われています。近年のブームの高まりは、現代社会のストレスや疲れを象徴しているものでもあり、そういった背景から老若男女問わずヨガ人気が広まっています。
■身体への効果
ヨガのカラダへの効果は大きく分けて2つあります。
1つ目は体の柔軟性を高められること。体の柔軟性は後述するストレッチにも共通しているもので、体の基礎代謝を上げるための重要な活動の1つです。基礎代謝は30代から徐々に落ち始めると言われており、40代になるとガクンと落ちるというデータがあります。これを維持するためには日々の積み重ねが重要です。

2つ目は体の関節を大きく動かすことで体幹を鍛えられることです。ヨガはインナーマッスルを鍛えられるため、体の軸から強化することができ、基礎代謝の向上に大きな効果があると言われています。また、体幹は姿勢や体全体の動きに関わってくるものなので、この体幹を鍛えておくことは一生に掛かってくることです。普段オフィスワークをしていたり、運動をする機会に恵まれない方にはちょっとしたスペースと時間だけで体幹を鍛え、基礎代謝を上げることができるのでヨガはおすすめです。
■精神的な効果
ヨガは呼吸法を非常に重要視しており、ヨガの中で行う呼吸法の改善が体質改善につながるといっても過言ではありません。呼吸法を改善することでリラックス効果が期待でき、それによって精神的な安定がもたらされます。ヨガはアーサナといわれるポーズにフォーカスが集まりがちですが、呼吸法はアーサナよりも遥かに大事だという人も少なくありません。アーサナや瞑想時に正しい呼吸法を用いて行うことで、ヨガの効果が高まるだけでなく生活習慣の改善も期待できます。

ストレッチの効果

みなさんが小さい頃から行っているストレッチの効果は、言わずもがな柔軟性の向上です。柔軟性の向上は筋肉との連携も良くするため、筋トレと一緒に行うとその効果を大幅に高めることが可能です。ストレッチは、どこをどの程度、どのように伸ばすかが重要です。それを理解した上で運動の前後にストレッチを行うと、怪我をしにくい体を手に入れることができるでしょう。

ヨガとストレッチは目的に合わせて選ぶ

上記で見たようにストレッチとヨガの違いはヨガはストレッチでは期待できない体幹を鍛えること、呼吸法を用いてリラックス効果が得られることです。一方でストレッチはヨガよりも柔軟性を高められるというメリットがあります。ヨガをするかストレッチをするかは目的によって変わってくるため、どちらが良いというのは一概には言えません。それぞれの体にに合わせたことを最適なタイミングで行うようにしましょう。

ヨガストレッチ

ヨガストレッチとトレーニングヨガ

ヨガには大きく分けて2種類あり、1つはヨガの呼吸法を用いてリラックス効果を得るヨガストレッチ。もう一つは筋力アップと基礎体力向上にフォーカスしたトレーニングヨガです。いずれも短時間で疲労回復や体の軸となる部分を強化できるので初心者でも手軽に取り組むことができます。

ヨガストレッチの効果

最近ではヨガとストレッチを組み合わせたヨガストレッチが注目されています。もともとヨガとストレッチは相性が良いため、これらを組み合わせることで2つの良いところを同時に得られることが期待できます。柔軟性を高めつつ体幹を鍛え、リラックス効果も得られるヨガストレッチはヘルス志向が高まる日本において主流になってくるかもしれません。

ヨガストレッチおすすめアプリ

ヨガストレッチをするにあたりおすすめしたいのが「1日5分ヨガストレッチでダイエット~心も体もキレイ!体の不調やお悩みを根本から解決〜」というアプリです。1分ごとにポーズとテキスト解説が自動で切り替わるため、いちいちポーズを選択しなくて良いので使いやすいです。コースも初心者コースから上級者コースまで複数あるため、レベルに合わせた内容でヨガに取り組めます。

まとめ

以上、ヨガとストレッチの違い、近年注目されているヨガストレッチについて紹介しました。重要なのは目的にあったアクティビティを選ぶということです。体の何が問題でどのような改善をするべきなのか、それをしっかり理解した上で方法を選ぶようにしましょう。


インドヨガ留学 Menu