インド人の食生活

インド人の食事

インドの食文化はイタリアンやフレンチと並んで世界的にも有名ですが、香辛料を多く使う以外はインド料理の中でも地域や習慣、文化によって特徴が異なります。日本ではインド人が毎食カレーを食べていると思っている人が少なくないと思います。確かに我々日本人から見ると全てカレーの一種に見えるのですが、そもそもカレーというものがインドには存在しないという説もあります。私達がいうインドのカレーは香辛料を多用した料理のことをいい、その一つ一つには名前があります。一説には「カレー」というのはタミル語の食事を意味する「Kari」と言われています。インドの旧支配国イギリスがインド料理をカレーとして取り入れたことで、カレー=インド人の料理という考え方が普及したのです。

実際、インド人の食事はほとんど毎食が「カレー」です。具材や使っているスパイス、作り方は様々なようですが、各々好きな「カレー」をチャパティーと呼ばれる小麦粉をこねて伸ばして焼いたもの(薄いナン)と一緒に食べています。インドの食事作法は基本的に手を使います。インド人は右手を浄、左手を不浄と考えており食事中に料理に触れるのはきれいな右手のみとされています。欧米の文化に慣れている都会の人以外は基本的にスプーンやフォークはすすんで使いません。親指、人差し指、中指の第二関節までを使うのが上品な作法と言われており、筆者もインド人の先生に教えてもらいながらやってみましたが、これが意外と難しいのです。インドに行った際はチャレンジんしてみてください。

インド人に肥満が多い理由

インドでは肥満が社会問題になっており、近年では健康食品やスポーツジムが流行りだしています。そう、インドは肥満大国なのです。インド料理は主食がチャパティーという小麦粉を使ったものであり、カレーには多量の油が使われています。また味が濃いものを好むインド人はスパイスも大量に使うため、1食あたりのカロリーは高くなります。インド人に肥満が理由はここにあります。

インドではスポーツジムが多数あり、中間層中心に会員数は伸びています。しかし、それ以外では運動する環境が整ってないのです。外でランニングするにしてもインドの交通状況を見れば難しいことなのは一目瞭然で、広場や運動場も整備されていない印象です。

インド生活の食事

自炊

インドでの滞在、旅行に行って体を維持したいのであれば、自炊が最もベストな方法です。カロリーをコントロールできる自炊は健康維持のためには欠かせません。インドの食材は大変安く、特に野菜は買う場所を選べば日本の4分の1程度で仕入れることができます。健康管理はインド生活を楽しむ上でも最も重要なので、自炊はおすすめです。

デリバリー

インドはデリバリー文化が普及しており、デリバリーアプリを使うと大体のお店が料理を運んでくれます。これは非常に便利で、かつデリバリー料金も高くないため忙しい時や手軽に食事を済ませたい時におすすめなツールです。

外食

インドにはインド料理の他にイタリアンや中華料理、東南アジア料理から日本料理まで様々なジャンルの食事を楽しむことができます。特にデリーなどの大都市では食のグロバリゼーションが進んでおり、世界の食事を楽しむことができます。

インドでの食生活の注意点

インドの食生活で気をつけなければならないことは2つあります。1つ目は衛生面です。インドではここの意識が低いため、自分自身でも注意が必要でしょう。水道水を飲まない、手洗いうがいといった基本的なことは守るようにしましょう。

インドヨガ留学の食事

インドヨガ留学中の食事は全てベジタブル食になります。健康的な食事を管理されているため、食生活が乱れる心配はありません。1日3食の規則正しい生活を送ることで良い生活習慣を整えることが可能です。


留学相談はこちら!