ヨガとアスリートには意外な関係性があります。多くの有名アスリートが彼らにとって大切なトレーニングにヨガを採り入れています。代表的な日本人のアスリートだと、イチロー選手、長友選手、錦織選手などがトレーニングでヨガを行なっています。日本だけではなく海外のアスリートも採り入れていて、ジョコビッチ、レブロンジェームズなどがヨガに時間を費やしています。今回はなぜアスリートがヨガをするのか、5つの理由を紹介します。

アスリートがトレーニングにヨガを取り入れる理由

ヨガの瞑想で不安に勝つため

 アスリートはどんなに優れた技術をもっていても、それを試合で発揮できなければ意味がありません。結果が全てのスポーツの世界ではアスリートは毎日不安と戦っています。時には不安や恐れから夜も眠ることができない日もあります。一度スランプに陥るとそこから抜け出すためには、気持ちを一定に保ち、辛抱強く結果が出るのを待たなければいけません。自分の不安に勝つことは、アスリートとしの結果を出すために必要不可欠なことなのです。

アスリートが不安に打ち勝つために、採用したのがヨガの瞑想でした。ヨガの瞑想には自分を客観的に捉えることができ、心の状態を正常に戻してくれる効果があります。常に結果を求められるアスリートにとって瞑想は最高の心を整えるツールとなります。

アスリートは、瞑想をすることで不安を取り除き、ベストなパフォーマンスを発揮していたのです。

ヨガの呼吸法で集中力を高める

アスリートには大事な場面で高い集中力が求められます。絶対にミスをしてはいけません。そして自らのパフォーマンスもベストな状態を引き出さなければいけません。そのためには自分の集中力を最高潮に高め、所謂、ゾーンの状態になる必要があります。ゾーンの状態までもっていくために、アスリートはヨガの呼吸法を用いています。

集中力と呼吸は密接な関係があると言われており、高い集中力を発揮するためには、落ち着いて呼吸をしなければいけません。ヨガの呼吸法をマスターすることにより試合中でも自分を落ち着かせることができ、ゾーンまで自分を引き上げてくれます。

ヨガによる姿勢矯正の効果でエネルギーのロスを減らす

一流のアスリートにとって姿勢がキレイであることはとても重要です。なぜなら人体の構造常、背骨のラインが正常であること、骨盤が正しい角度で保たれていることはレベルの高い回旋運動を行うのに欠かすことができないからです。折れ曲がった割り箸より、真っ直ぐに伸びた通常の割り箸の方がエネルギーのロスが少なく、早く回転することができます。

アスリートは、ヨガをすることで姿勢を矯正して、エネルギーのロスを減らしています。

ヨガをすることで怪我を予防するため

ヨガをすることで自分の体の細かい異変に気がつくことができます。体が資本で商売道具のアスリートは怪我を未然に防がなければいけません。自分の体の変化に気がつかず、怪我をしてしまっては遅いのです。ヨガをすることで自分の体の状態を知り、柔軟性をあげることは怪我のリスクを減らし長い現役生活を送る秘訣となります。

ヨガをすることで、必要な筋肉にアプローチする

ヨガには自分の体の身体操作能力をあげてくれる効果があります。ヨガは必要な筋肉だけにアプローチし、ほかの筋肉を休めておくことができるため、自分の理想の動きをするためのプロセスとして最高のトレーニングとなります。アスリートは自分の理想のイメージをもっており、その動きを実際に練習をなんども重ねながら獲得していきます。なので自分のイメージと実際の動作をつなげることが自分の理想の動作をする土台となるのです。

留学相談はこちら!