ヨガで体に起こる10の効果

柔軟性の向上

柔軟性の向上は、ヨガの最も明白な利点の1つです。 ヨガの初回のクラスでは、体の硬さから足指に触れることはできません。バックベンドは気にしないでください。しかし、それに固執すれば、緩やかな緩みに気づくでしょうし、最終的には不可能なポーズが可能になります。 痛みや痛みが消え始めることに気付くでしょう。 それは偶然ではありません。 タイトな股関節は、太ももと脛骨の不適切な整列のために膝関節に負担をかけることがあります。 しっかりとした腰痛は、背痛を引き起こす腰椎の平坦化につながります。 筋肉や筋膜や靭帯などの結合組織の硬直性は、姿勢を悪くする可能性があります。

筋力の増強

強い筋肉は見た目も良いですがそれ以上に体にとって重要です。筋肉はまた、関節炎や背痛などの状態から体を守り、高齢者の転倒を防ぐのに役立ちます。そして、ヨガを通して筋力を強くする時は、そのバランスをとります。逆にジムに行って体重を持ち上げただけの場合は、柔軟性を犠牲にして体力をつけることができます。

良い姿勢を保つ

人間の頭は大きく、丸く重いボーリングボールのようなものです。直立した状態で背骨の上で直接バランスがとれていると、首筋と背筋がそれをサポートするための作業がはるかに少なくなります。しかし、それを数センチ前進させれば、それらの筋肉に負担をかけることになります。前傾姿勢のままボーリングボールを一日中持ち歩くと、疲れてくるのは当然です。そして、疲れがだけが問題ではないかもしれません。姿勢が悪いと、背中、頸部、および他の筋肉および関節の問題を引き起こす可能性があります。あなたが倒れた時、体が首の通常の内向きのカーブを平らにするで補補完できるのです。これは脊椎の痛みや変性関節炎を引き起こす可能性があります。

軟骨と関節の故障を予防する

ヨガを練習するたびに、関節の動きを全範囲で捉えます。これは、通常使用されていない軟骨の領域を「圧搾して浸す」ことによって、退行性関節炎を予防し、障害を緩和するのに役立ちます。関節軟骨はスポンジのようなものです。そのため関節に適切な栄養がなければ、体の最も内側にある骨を露出させるように、ケアされていない軟骨領域が最終的に摩耗する可能性があるのです。

背骨を守る

脊椎円板-神経を摘出し圧縮することができる椎骨間の部位は、定期的に運度させる必要があります。それが関節にとって最善であり唯一の方法です。バックベンド、フォワードベンド、ツイストのバランスの取れたアサナの練習があれば、背骨を柔軟に保つことができます。

骨を強化する

体重を支える運動が骨を強化し、骨粗しょう症の予防に役立つことはよく言われることです。ヨガの多くの姿勢では、自分の体重を持ち上げる必要があります。下向きおよび上向きの犬のように、骨粗鬆症の骨折に特に脆弱な腕の骨を強化するのに役立ちます。ロサンゼルスのカリフォルニア州立大学で実施された研究では、ヨガの練習で脊椎の骨密度が上昇しました。ヨガは、骨にカルシウムを与えるのに役立つのです。

血流を良くする

ヨガはあなたの血流を良くします。具体的には、ヨガで学ぶリラクゼーション・エクササイズは、特に手足の循環を与えます。また、ヨガは細胞に多くの酸素を与え、結果としてより良く機能する助けをします。ツイストのポーズは、内部器官からの静脈血を絞って、ツイストが放出されると酸素を含む血液を流入させることができると考えられている。ヘッドスタンド、逆立ち、およびショルダースタンドなどの逆さの姿勢は、脚と骨盤からの静脈血を心臓に戻し、肺にポンプで送って新たに酸素を供給させることができます。これは、心臓や腎臓の問題から足に腫れがある場合に役立ちます。ヨガはまた、組織に酸素を運ぶヘモグロビンと赤血球のレベルを高めます。そして、血小板をより粘着性にすることによって、血液中の凝固促進タンパク質のレベルを切断することによって、血液を薄くします。血栓が死因の割合高いため、これは心臓発作および脳卒中の減少につながります。

免疫力を高める

筋肉を収縮させたり伸ばしたり、臓器を動かしたり、ヨガ姿勢に出入りしたりすると、リンパ(免疫細胞が豊富な粘性のある液体)の排水が増えます。 これは、リンパ系が感染と戦い、癌性細胞を破壊し、細胞機能の有毒な廃棄物を処分するのに役立ちます。

心拍数を上げる

定期的にあなたの心拍数を好気性の範囲に入れると、心臓発作のリスクを低下させ、うつを和らげることができます。すべてのヨガはエアロビックではありませんが、激しく行うか、フローヨガやアシュタンガヨガのクラスを取ると、心拍数を好気性の範囲に押し上げることができます。 しかし、心拍数を上げることができないヨガ練習でさえ、心血管調節を改善することができます。ある研究は、ヨガの練習が安静時の心拍数を下げ、持久力を高め、運動中の酸素の最大吸収を向上させることができることを発見しました。

血圧を下げる

高血圧な方に、ヨガの恩恵を受けるかもしれません。英国の医学雑誌The Lancetに掲載された高血圧患者の2件の研究では、Savasana(Corpse Pose)の効果を単にソファーに横たわっている時と比較した。3ヶ月後、Savasanaは収縮期血圧の26ポイントの低下と最低血圧の15ポイントの低下初期血圧が高いほど低下しました。

まとめ

以上、ヨガで得られる体への効果でした。ヨガをしている際にこれらの効果を実感しながら行うと、より効果が増すと言われており効果を意識することは非常に重要です。


インドヨガ留学 Menu